• ホーム
  • ダイエットで栄養失調や抜け毛などにならないようにする方法とは?

ダイエットで栄養失調や抜け毛などにならないようにする方法とは?

2020年05月30日
運動している女性

炭水化物抜きダイエットや糖質制限ダイエットはその効果の高さから、現在非常に注目されているダイエット方法です。炭水化物や糖質とは米や芋、砂糖をはじめとした栄養成分です。糖質は適切な量であれば体内に吸収され消費されますが、ある量を超えるとそのまま蓄積され太る原因となることがあります。そこで糖質制限や炭水化物抜きによって、主食であるご飯やパスタを制限することで体重を減らそうというわけですが、実はこの方法はしっかりとした栄養や食事を考えないと思わぬデメリットを招いてしまうことがあります。その代表的な例が抜け毛と栄養失調です。

糖質制限や炭水化物抜きによって抜け毛が増えたという報告があります。これはビタミンやミネラルが不足することによると考えられます。お米にはデンプンの他にタンパク質や脂肪、ビタミンB1やEなど様々な栄養素が入っていますが、糖質制限ダイエットはこれを制限するわけですから、他の食品で代用しない限り補給されることはありません。タンパク質やアミノ酸は髪の毛の元となる栄養素です。これらの栄養素が不足すれば、抜け毛という形で症状が出てくることがあります。美容の目的でダイエットをしたい人にとってはお肌の荒れにもつながることがあるため注意しましょう。タンパク質やミネラルを摂取するなら鶏肉であればヘルシーですし、サプリを取り入れるという方法もあります。

もう一つ、抜け毛の原因として考えられるのが急激な体重の変化によるホルモンバランスの乱れです。短期間に体重を落とすと女性ホルモンのバランスが崩れることがあります。女性ホルモンのエストロゲンは髪の毛に必要なホルモンであり、この分泌が減ると抜け毛の原因となることがあります。糖質制限は短期間で結果が出やすいダイエット方法ですが、すこし余裕をもってダイエットスケジュールを組んだ方がいいかもしれません。

これに関連して糖質制限や炭水化物抜きダイエットは栄養失調になることもあるといいます。朝ごはんを食べ忘れたとき頭がボーッとすることがあるでしょう。ご飯やパンをはじめとする主食はエネルギー源として大活躍する食品ですが、たった一食抜いただけでもその影響は大です。炭水化物を抜くダイエット方法はその分大きなエネルギー源を抜くことになります。疲れが取りにくくなったり、風邪が長引いたり、頭がボーッとしたり、そんな症状が出たら新型栄養失調を疑った方がいいかもしれません。新型栄養失調とは十分なカロリーはあるのに、様々な栄養素が不足してしまう症状を言います。糖質を制限するときは普段よりも多めの脂質やタンパク質を摂取するようにしてください。