シンガポールカジノ|シンガポールでギャンブル依存者が急増中?








シンガポールではカジノ開業の際に、
様々な意見が現地で飛び交っていました。


治安の悪化への懸念や、ギャンブル依存の後押しになる、
などが挙げられていました。


では、実際カジノが開業して、
シンガポールの国はどうなったかというと、
表立っては、カジノの収入があり、
国が豊になったと言われていますが、
実際には、公にされていないニュースや事件、
問題は山ほどあるみたいです。


実は、シンガポールではマスコミ規制がかけられており、
何でも新聞やテレビで流す事は出来なくなっています。

ですから、万が一カジノ業に不利になるような、
事件やニュースがあっても、よほどの事がない限り、
公には出てこないようになっています。


ただ、現在はインターネットが復旧したこともあり、
国が情報を隠しきれないような状況になっており、
様々なニュースが起こっている事が分かってきています。


一番の問題は、ギャンブル依存だそうです。


シンガポールではカジノに入るために、
現地の人は100シンガポールドルを、
払わなければいけないシステムを採っています。


国は、これが国民のギャンブル依存を抑止すると、
発表していたそうですが、
実際には、あまり効果はないようです。


更に、自分の家族にギャンブル依存の人がいる場合は、
カジノに入る事を禁止するように家族が要請出来るといった、
システムもあるのですが、


そのシステムには全く効果がなく、
禁止された人でも問題なく入れたというケースも、
多々あったと発表されています。





と、まあ、シンガポールとギャンブル依存症の事例について、
書いて参りましたが、実際問題、
日本にカジノが設置される際の懸念を、
シンガポールの例では語れません…


といいますのも、既に日本中のいたるところに、
ギャンブル中毒者が溢れており、
日常的にギャンブルを楽しんでいる日本と、
ゼロからいきなり出来たシンガポールとでは、
比較の対象になりえないからなんですね。


今回の記事は、一事実としての内容を挙げさせていただきまして、
これを元に、日本のカジノ設置を阻もうとしている方達に対しての、
意見を最後に述べさせていただきました。






タグ: , , ,

This entry was posted by admin on 金曜日, 6月 2nd, 2017 at 7:30 pm and is filed under シンガポールカジノ . You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can skip to the end and leave a response. Pinging is currently not allowed.

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.